効果や作用

重曹の使い方は多様なので、なぜ、重曹がその場面で使われるかということを理解しておくとよいと思います。 重曹のその他の使い方の紹介はこちらです。

名称

重曹は、さまざまな名称で呼ばれています。どれも同じです。

性質

化学式

重曹とは炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)のことです。

弱アルカリ性

常温では、白色の粉末で、水溶液のpHは、pH8.3前後の弱アルカリ性です。 ナトリウム化合物の中では、最もアルカリ性が弱い性質があります。

水に溶ける

水に溶けますが、やや溶けにくいといえます。水100gにつき 10gほど溶解するとのこと。

安全性は?

基本的に無害

重曹は、安定した無機物で、基本的には安全とのことです。 重曹は、たんぱく質を分解したり、塩分を摂取しているのと同じになったりします。このため、摂りすぎ、使いすぎは禁物とのこと。

口に中に入れて大丈夫か

重曹を口に中に入れても大丈夫なのか、と心配になったりしますが、重曹は、食品添加物や医薬品としても使われています。ただし、成分にナトリウムが含まれているので、ナトリウムや塩分の制限のある方は口に入れないほうがいいということです。

食品添加物として

重曹は、野菜の茹で上がりを良くしたり、食品添加物としての効果が高いので、様々なところで使われているのが現状です。例えば肉を柔らかくしたり、食感を良くするための定番アイテムでもあります。他には、酸っぱい夏みかんにふりかけて酸っぱさを軽減させる効果もあります。

そのまま水に流せる

pHは、5.8〜8.6以内の排水基準に収まるので、そのまま水に流せます。

医薬品としての重曹

炭酸水素ナトリウム(第3類医薬品)

重曹は、日本薬局方の純正な「炭酸水素ナトリウム(第3類医薬品)」としても販売されています。医薬品としての重曹は、厳密な管理体制で製造されたもので、 やや高価になりますが、ネット通販で購入できます。 効能・効果としては、胃や胸の症状に効く、と記載されています。

効果や作用のまとめ

関連記事

サイトナビ

更新情報

Page Top ↑
炭酸水素ナトリウムの効果や作用について紹介しています。
快適生活まとめのHOMEに戻ります。
Copyright (C) kaiteki-matome.com All Rights Reserved.